本文へスキップ
精子提供・精子バンクゆめ音符

精子提供大阪ゆめ音符へようこそ

関西のボランティア精子提供・精子バンク「ゆめ音符」へようこそ。ゆめ音符は実績豊富なボランティア精子提供(精子バンク)サイトです。赤ちゃんが欲しい独身女性(選択的シングルマザー希望)の方や、男性不妊のご夫婦、子どもが欲しいレズビアンカップルや性別違和(GD、GID)カップル、性交渉は苦手だが赤ちゃんは欲しいという方などのために、無償で精子を提供しています。これまでに豊富な出産実績とアドバイス実績があり、みなさまから頂く喜びの声を励みに活動をしています。多数の女性に支持されて7年以上続いているので、安心感・信頼感があります。ゆめ音符は、非営利のボランティア精子バンクですので、必要な費用は交通費等の実費のみです。精液提供の豊富なノウハウを活かして成功まで全力でサポートします。

連絡先は yumeakachan@gmail.com です。お気軽にお問い合わせください。赤ちゃんを望む方の最後の砦の精子ドナーでありたいと思っています(ただし育児環境と人柄は重視します)。

主な精子提供方法は、シリンジ(針のない清潔な注射器)によるセルフ人工授精です。この方法は注射器妊娠法とも言い、ご自宅で、おひとりでもできる簡単な方法です。また、病院での人工授精や体外受精(独身でも可能です)、タイミング法(事前検査と3〜4周期ごとの検査必須)にも対応しています。これらの方法には一長一短がありますので、ご依頼者さまとよく相談の上で、適切な精子提供方法を選ぶようにしています。成功率の点から、30歳代中盤以降の方にはタイミング法や人工授精、体外受精を推奨します。平成29年2月現在、シリンジ法、人工授精・体外受精、タイミング法の順で選ばれる方が多くなっています。1回目から人工授精を選択される方もいれば、シリンジから始めてタイミング法に移行される方や、シリンジ法とタイミング法を併用している方、シリンジから人工授精や体外受精にステップアップする方など、さまざまです。提供方法別の成功実績はこちらに掲載しています。

精子提供

お陰様で精子提供ゆめ音符はたくさんの方の夢を叶えることができました。現在ご新規さまを受け入れ中です(ほぼ満席のため受入制限中)。ゆめ音符からの精子提供を望むお気持ちの特に強い人や、特に厳しいご事情を抱えた人を優先して受け入れます。精子提供までの流れはこちらを、精子の提供方法はこちらを、成功実績はこちらを、ゆめ音符のプロフィールはこちらをご覧ください。 人柄などは毎日更新のゆめ音符ひとこと日記で推測してください。「会ってみたら日記のイメージ通りだった」という声をよく聞きます。

ご提供の一般的な流れは、1)初めてのお問い合わせ(簡単な文面で結構です) → 2)メールで何回か相談(納得のいくまで質問することができます) → 3)面談および同意書(必須)と本人確認書類(任意)のご提出 → 4)開始時期・方法・諸条件などについて確認 → 4)精子提供の開始 → 5)成功までご提供 → 6)ご懐妊 → 7)ご出産 となります。その後もご依頼者さまのご希望に応じて近況報告を交わしたり、2人目にトライしたり、育児の相談に応じたり致します。

ゆめ音符では、精子提供の正式なご依頼へと進む前に、納得のいくまでメールや面談で相談することができます。このサイトをご覧になっているみなさんは、妊娠・出産への期待が高まる一方で、不安なことや心配なこと、分からないことをたくさんお持ちだと思います。どうぞ納得のいくまで何度でもメールで相談してください。一つ一つのご質問に丁寧にご回答を差し上げます。(仮名、地域、ご事情、ゆめ音符からの精子提供を希望する理由など、なるべくしっかり書いてください)。初提供から7年あまり続いている精子提供サイトですので安心してお問い合わせください。親身にサポートいたします。
yumeakachan@gmail.com お気軽にお問い合わせください。
(docomoなど携帯・スマホからの方はGmailを受信可能にしてからメールください)

メールはこちら

面談では、精子提供者(ゆめ音符本人)の人柄や容姿などの確認もして頂けます。「面談」といいましても、面接試験のような堅苦しい場ではありません。お茶でも飲みながら気軽にお話しをする中で、人柄等もみてください。通常20分〜30分程度で完了し、ほとんどの女性が「安心しました」「思い切って面談に来てみて良かったです」などと言って笑顔でお帰りになります。安心感はゆめ音符の大きな特色のひとつです。

※遠方にお住まいの場合は、交通費節約のために、面談、同意書の提出と初めてのご提供を同じ日に行うこともできます。

ゆめ音符は、ご依頼者さまのご事情やご希望にしっかり耳を傾け、いったん受け入れたからにはおひとかたおひとかたに成功までしっかり対応させて頂きたく思います。赤ちゃんを望むみなさんのために、これからもボランティア精神で精一杯精子提供活動を続けていきます。

ご依頼者さまから近況報告のメールなど頂けるととても嬉しいです。

ハイハイ赤ん坊



   精子提供ゆめ音符サイトの主な目次

1.精子提供ゆめ音符トップページ(ご覧のページです)
2.精子提供ゆめ音符ひとこと日記(ほぼ毎日更新。人柄や考え方などがわかります)
3.よくある質問とご回答
4.選択的シングルマザー希望の方へ
5.不妊カップルの方へ
6.レズビアンカップル・GID・GDカップルの方へ
7.ゆめ音符の精子の品質
8.ゆめ音符の特色
9.精子提供までの流れ
10.精子提供方法
11.ゆめ音符に寄せられた声 (ご依頼者さまから頂いた声です)
12.ゆめの子教育支援会 (給付型奨学金)
13.活動記録とFAQ (性病検査結果など)
14.関連する用語集 
15.ゆめ音符サイト内検索システム (このサイトとブログを一括検索できます)
16.日本の精子バンクと精子提供者一覧 
17.日本全国の高度生殖医療実施施設(2016年7月現在)




   ゆめ音符のプロフィール

精子ドナー「ゆめ音符」のプロフィール (平成28年4月更新)
・大阪府在住。イメージ図 → ボランティア   
 (どこにでもいるマンション住まいのビジネスマンですわ)
・団体代表、超高度専門職、業界最高の資格を保有。近年は仕事よりも社会貢献活動(特に少子化打破)に重点を置きつつあります。
・人柄などはほぼ毎日更新のひとこと日記で推測してください。初対面の人から「日記のイメージ通りですね」という声を良く聞きます。
・平成28年4月現在、西日本では有数の妊娠・出産実績です。近親婚対策もしています(下の「よくある質問と回答」を見てください)
・妊娠・出産の成功実績が多く、精子提供の活動歴も7年近くと長いので、いろいろと思い悩まれるご依頼者さまをゆったりと見守る心の余裕があります。また、独身でも人工授精・体外受精できる病院の情報を持っているなど、ご依頼者さまを成功に導くためのノウハウでは他の提供者に負けないです。
・誕生した赤ちゃんの性別は女の子:男の子=おおむね2:1です。
・ご提供方法は、シリンジ法、病院での人工授精・体外受精、タイミング法(詳しい説明が上のほうにあります)
・ご依頼者さまの平均年齢:30歳代後半
・精液の品質は、WHOの正常精液基準値を大幅に上回る
 ・平成28年4月の検査で、精液量 約4ml、精子濃度 約1.2億/ml、精子運動率 60%強、精子正常形態率 7割弱(禁欲2日)。
 ・各項目の最高記録は、精液量 約4ml(H26.8とH28.4)、精子濃度 1.8億/ml(H29.3)、精子運動率 90%弱(H27.9)、精子正常形態率 95%超(H26.8)
 ・精子の受精能力を示すSMI(精子自動性指数)は400台(平成24年の数値)
  で、標準値の数倍
 (※精液検査の数値は一般的に体調、周期変動、採精間隔、栄養状態、採精場所の環境などでかなり変わります。精子提供時にたまたま数値が悪いこともありますがご容赦ください)
・血液型 お問い合わせください
・容姿 身長は日本人男子平均より高い。BMI23(最も健康的な数値です)。二重。髪の心配なし。中の上の容姿
・知能 文部科学省選定のスーパーグローバル大学トップ13校のいずれか卒、Ph.D.(博士)
・実年齢 SMAP世代。体内年齢は30歳代前半(体組成計で計測)、若々しいです
・精子のタイプ 獨協医科大岡田教授の言う「精子が老化しないタイプ」に該当  
・健康状態 運動好きで、きわめて健康。体脂肪率、骨量、筋肉量とも標準値(体組成計で計測)。非喫煙者
・愛する人 います。ご依頼者さま全員のことも大事に思っています。
その他のことはこちらにまとめています

頭のいい子




   ゆめ音符に寄せられた声


ご依頼者さまからの声を一部紹介します。その他の声はこちらにまとめています。
※プライバシーに配慮し、個人情報に関する部分などを一部書き換えています。

☆面談したあとに初めての精子提供を受けた人からの声☆
ゆめ音符さんすごく優しい人柄でとっても話やすかったです。1mlツベルクリンシリンジは違和感も全くなく痛くもなくとても良いな〜と思いました。

☆出産された方からの声☆
毎日仕事と育児は大変ですが、大変さを上回る幸せがあります。○○さんと会わなければ今の幸せはありませんでした。感謝してもしきれません。

☆性行為が苦手で、シリンジで授かった方の声☆
子供は欲しいという夢がありましたが、子供を持つことを諦めるところまで追い詰められていき、○○さんに会って救われました。

☆40歳代で粘り強く取り組んで妊娠に成功し、無事出産した方の声☆
何度も何度も、骨身を削っていただいたこと、優しい言葉、思い返す度、涙が出てきます。

☆シリンジ法で夢が叶ったGIDカップルの声☆
私達が結婚でき、今、こうやって笑って家族でいられるのも○○との出会いがあったからです。感謝しかありません。

☆思い切ってタイミング法を選択された方の声☆
葛藤はありましたが、慈愛に満ちた方だったので安心しました。勇気をだして精子提供をお願いして本当に良かったです。

☆人工授精の相談をくださった方の声☆
こんなに詳しい手順をありがとうございます。病院を利用するとなると、不安や心配な気持ちが大きかったですが、何とか頑張れそうです。

☆子どもが○歳になったママの声☆
□□ちゃんのお父さんがあなたで本当に良かった。○○さんの子が産めて私は幸せ者です!

☆初回の提供を受けた女性の声☆
○○さんのお陰ですべてがスムーズにいきました。とっても優しそうで、まじめで素晴らしい人柄で最高の提供者だと思いました。

☆精子提供を受けた女性の声☆
○○さんの子供なら安心して妊娠・出産できるなと確信しました。

☆子どもが○歳になったママの声☆
○○さんに出逢わなければ、今頃どんな思いでいるかと思うと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

☆元気な子をもうけたカップルの声☆
とても元気です。とても可愛く、愛しくてしかたありません!! 本当にありがとうございました。

☆面談を終えた独身女性の声☆
面談でいろいろテスト的な質問があるかと不安でした。お会いして とても雰囲気が柔らかくて嬉しかったです。

☆血液型の合う提供者の紹介を受けたカップルの声☆
わざわざありがとうございます。問い合わせしてみます。
ゆめ音符さんに出会えたことに感謝しております。ありがとうございました。





   選択的シングルマザー希望の方へ

シングルでいたいという気持ちと、赤ちゃんが欲しいという願いを両立させましょう。

パートナーを持たずに子どもをもつ女性のことを、選択的シングルマザー(英語ではSMC、つまり Single Mothers by Choice)あるいは非婚シングルマザー、または計画的シングルマザーともいいます。米国では選択的シングルマザーが1990年代はじめの5万人から、今では15万人にまで増えてきています(出典:マーク・J.ペンほか『マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと』、日本放送出版協会、2008年刊)。

日本でも、「結婚はしなくてもいいけど、子供は欲しい」という人が増えています。少し古い記事ですが日本経済新聞(1995年9月21日夕刊)によると、彼女たちは「一人の部屋に帰ると寒々としている。仕事が順調に行くほどに私の人生って何なのかと考え始めた」、「子供が笑う姿を見ているだけで、幸せな気分になれる。自分が愛情を持って育てれば、子供も理解してくれると思う」、「仕事は順調だったが、生きた証(あかし)が残らない漠然としたむなしさがあった」、「夫がいる家庭へのあこがれはとっくに消えていた。妻をお手伝いさんと勘違いしている男性が多い中では、夫は自立を妨げる存在でしかない。子供を持つのに夫は必要なかった」、「キャリアを積み重ねて三十代後半になると、“このままでいいのかシンドローム”に取りつかれがち」、「結婚、出産、育児といった通過儀礼をほとんどの女性が経験する中、どこかが空欄になるのが不安になる」と言っています。

我が国では民主党政権のもとで出産と子育て関係の制度が大幅に拡充され、2012年末に誕生した自民党政権も子育て重視の姿勢を打ち出しています。日本もこれからはシングルの方の出産・育児が大変しやすくなってきます。子を持つ夢を叶えるチャンスです。

2010年6月から中学生以下の子ども1人あたり月額1万3000円の子ども手当が支給されています(2011年度より小さな子に限って数千円上乗せされるようです)。高校の授業料も、公立は無償になります。私立の授業料も国からの支援金(年収によって違う)分だけ減額になります。

就職関係でも朗報があります。雇用保険の適用条件が緩和されて、これまでの「雇用見込み6ヶ月以上」が「雇用見込み31日以上」になります。また、子育て女性の再就職を支援する「マザーズハローワーク」が148カ所から163カ所に増えます。それから派遣社員などの非正規労働者を支援する「非正規労働者総合支援センター」が19カ所から32カ所に増えます。

シングルマザーへのさまざまな支援策についてはこちらをご覧下さい。

このようにシングルマザーの出産・子育て環境は整えられつつありますが、選択的シングルマザーを目指す場合、まずは精液提供者の選定が必要になってきます。信頼感という点では、親戚や友人など身近な人からの提供が一番よいでしょうが、その後の人間関係が心配ですね・・・。アメリカなどの商業的な精子バンクの利用も考えられますが、大きな出費と手間が伴ってきますし、精子ドナーの人柄や容姿を知ることもできません。

ボランティア精子提供活動である「ゆめ音符」は、精子の無償提供を通じて、選択的シングルマザー(非婚シングルマザー)を目指す女性のお役に立ちたいです。産活、妊活の選択肢の一つとしてぜひ精子提供「ゆめ音符」の利用をご検討ください。

ゆめ音符は活動歴が長いため、独身でも人工授精や体外受精のできる病院の情報も持っています。

ボランティア精子バンク、精子提供「ゆめ音符」
yumeakachan@gmail.com
携帯からの方は、PCメールを受信できるように設定しておいてください。

選択的シングルマザーについて、詳しく知りたい方は、「おかあさんになりたい」が参考になるかも知れません。





   不妊カップルの方へ

男性不妊カップルのお役に立ちたいです。

岡山二人クリニックが発売している「望妊治療」というDVDによると、10人に一人は不妊に悩み、50人に一人の赤ちゃんは不妊治療の末に産まれているそうです。このように不妊にお悩みのカップル(ご夫婦)は、たくさんいらっしゃいます。

不妊症の定義は、「健康な夫婦が結婚後、避妊していないのに、2年以上子供が生まれない状態」で、すべての夫婦の約10%に看られるそうです(橋本肇「生殖補助技術(ART)―現状と将来―」)。そして、不妊全体に占める男性不妊(男性側に原因のある不妊)の割合は約40%と言われています(鈴木秋悦・久保春海『不妊ケアABC』 。なお女性不妊は45%、原因不明が15%)。

男性不任には、 無精子症精子無力症クラインフェルター症候群などがあり、これらの症状をお持ちのご夫婦やカップルにとって、お悩みは非常に大きいものと拝察します。

ゆめ音符は、男性不妊にお悩みのカップルのお役に立ちたいです。ボランティア精子バンクである「ゆめ音符」をご利用になって、かわいい赤ちゃんを抱っこする夢を叶えて下さい。

ご夫婦の場合、旦那様の血液型と、精子提供者の血液型を合わせることが大事になります。ゆめ音符は、全国各地の提供者の血液型を把握していますので、ご相談ください。

おのおののご夫婦ごとにご事情が違いますので、よくお話を伺った上でできるだけご要望に応じさせて頂きます。まずは、メールをお寄せ下さい。


ボランティア精子バンク、精子提供「ゆめ音符」
yumeakachan@gmail.com
携帯からの方は、PCメールを受信できるように設定しておいてください。


不妊治療施設の最新情報
体外受精・顕微授精・凍結保存のできる施設一覧(2012年現在)
滋賀県・京都府編
大阪府編

兵庫県編
奈良県・和歌山県編

非配偶者間人工授精(AID)登録施設一覧(2012年現在)






   レズビアンカップル・GID(GD)カップルの方へ

赤ちゃんの欲しいレズビアンカップル、GID(GD)カップルを応援しています。
ゆめ音符は、みなさんの生き方を支持し、精子提供の形で行動します。



ゆめ音符は、クリスマスの大阪・梅田で、手を組んで歩く女性カップルを見かけました。お二人とも同じくらいの背格好で、とっても幸せそうに買い物をしていました。日本でも多様な愛のあり方が認知されてしかるべきだとの思いを強くしました。

「十人十色というからには、心の数だけ恋の種類もあっていいんじゃないかしら。」(トルストイ『アンナ・カレーニナ』より)

ただ、女性の同性愛カップル(レズビアンカップル)さんには、子どもができません。同様に、女性から男性へと性転換した旦那さまと奥様のご夫婦(性同一性障害のご夫婦)にも、子どもはできません。

レズビアン先進国である米国では、レズビアンメディアに精子提供、精液提供に関する情報が頻繁に掲載されているそうです。アメリカのレズビアンカップルの方々は、レズビアンメディアなどで精子提供者を見つけて、赤ちゃんを産むのですね。

日本ではどうかといいますと、柳原良江先生(お茶大)の論文「挙児・子育て希望者の多様化がもたらす課題 : 同性愛カップルの事例から」、生命倫理17(1)、2007年によれば、欧米諸外国では1980年代より同性愛カップルが養子縁組をしたり、人工授精を経て妊娠・出産して得た子を育てる場合がみられ、日本でも近頃同様の事例が見られるようになってきたそうです。

このように日本でも欧米に20年ほど遅れてレズビアンカップルの妊娠・出産事例がみられるようになってきています。とはいえ、日本ではまだまだ例外的な存在であることも事実ですが、赤ちゃんのほしいレズビアンの皆さんご自身が一歩ずつ前進していくことで少しずつ状況が変わっていくことと思います。レズビアンの方ご自身が行動しないと状況は変わらないともいえます。

我が国では民主党政権のもとで出産と子育て関係の制度が大幅に拡充されますので、これからはレズビアンやシングルの方の出産・育児が大変しやすくなってきます。

また、日本の法務省も、性同一性障害者夫婦が第三者からの精子提供による人工授精でもうけた子の法的扱いを、「嫡出子」とする方向で検討を進めています(2010年1月12日時事ドットコム 詳しくは性同一性障害者夫婦が人工授精でもうけた子は、嫡出子に!)。・・・その後残念ながらこの検討は進んでいません。

ゆめ音符では、精子提供を通じて、赤ちゃんの欲しいレズビアンカップルの皆さんや、性同一性障がい(Gender Identity Disorder: GID 性別移行)のご夫婦を支援したいと思います。一緒にがんばりましょう。

ゆめ音符は非婚者でも人工授精できるクリニックをいくつか知っていますので、ご相談に応じます。
ボランティア精子バンク、精子提供「ゆめ音符」
yumeakachan@gmail.com
携帯からの方は、Gメールを受信できるように設定しておいてください。




   ゆめ音符の精子の品質

SMI(精子自動性指数)400超!優秀な精子を提供します。
ゆめ音符の精子提供者は、有名大学卒業後、いわゆるステータス職に就いており、体力面、健康面、容姿のいずれにおいても優れています。30代後半で、非喫煙者です。BMI指数は21で、身長は175です。決してノーベル賞級の天才や秀才ではありません。しかし小中学校ではクラスで1番成績が良く、かけっこも1〜2番という、文武両道の男でしたし、今もそうです。また、決して美男子ではありませんが、そこそこな容姿で、女性から告白された経験が何回もあります。

ゆめ音符の精子提供者は日ごろから環境保護活動などのボランティア活動に取り組んでおり、もっと人や社会のために役立ちたいとの思いから、無償での精子提供を始めました。米国では、私のようなボランティア精子提供者のことを known sperm donors といい、その存在が社会的に広く認知され、また必要とされてもいます。日本でも今後、結婚(パートナーシップ?)や子育てのあり方が多様化する中で、ボランティア精子提供(ボランティア精子バンク)の存在や役割が徐々に認知されていくことでしょう。

数ヶ月に1度、検査を受けておりますが、2017年現在、肝炎やエイズ、クラミジアといった病気はまったくありません(検査結果を「活動記録とFAQ」に掲載しています)。また、親戚関係には遺伝的疾患を持っている者はおりません。

不定期で精液検査を受けていますが、2009年12月の結果では、精子濃度1億2800万/ml、精子運動率63%、精液量2.5ml、精子正常形態率88% でした。この数値は、禁欲期間2日、精液採取後およそ1時間での数値です。また、2014年1月の結果では、精子濃度約1億2000万/ml、精子運動率約70%、精液量2.5ml、精子正常形態率約80%、直進率約80%でした。この数値は禁欲期間1日、精液採取後数時間での数値です。WHOの基準(2010年)では、精子濃度1500万/ml以上、精子運動率40%以上(射精後1時間以内)、精液量1.5ml以上、精子正常形態率4%以上等を「正常精液」とされており、ゆめ音符の精液はこの基準を楽々クリアしています。

(※ただし、一般的に精液検査の数値は体調・ストレスなどで変動しやすいとされています。ゆめ音符の数値も体調等によっては上記の結果を大きく下回ることがありますが、そうならないよう健康管理に努力しています)

慶応大学医学部吉村泰典教授らの調査によると、 1970年から1998年までの28年間に同大に登録された 18〜25歳の精子提供者6,048人の精子の数と運動率を調べたところ、 精液1ml中の精子の数は、90年代には平均6000万個弱とのことです。つまり、ゆめ音符の精子濃度は平均の2倍なのです。

さらに、平成24年に最新の検査方法を用いてSMI(精子自動性指数・・・精子の受精能力を客観的に示した指標)を調べたところ、その数値は400台でした。これは、基準値(80-160が男性の標準)の数倍という、極めて良好な成績です。

これらのことから、ゆめ音符が提供する精子はかなり優秀と言えるでしょう。

ボランティア精子バンク、精子提供「ゆめ音符」
yumeakachan@gmail.com
携帯からの方は、Gメールを受信できるように設定しておいてください。




   ゆめ音符の特色

ゆめ音符は、不妊症に悩むご夫婦や選択的シングルマザーを目指す女性、2人目3人目を授かりたいシングルマザーの方、子どもが欲しい女性同性愛カップルなどを応援しています。完全な非営利(ボランティア)無償の精子提供活動であり、金銭的な見返りは求めていません。シリンジ法(針のない注射器によるセルフ人工授精)、タイミング法(自然な方法)、病院での人工授精や体外受精のすべてに対応している、純粋な精液提供活動です。

日本には、いろいろな精子提供団体や精子提供者がいます。この図は、それらを比較したものです。

■営利的(商業的)な精子バンクとの違い■
日本にも営利的な精子バンクがありますし、米国等の精子バンクを利用することもできます。でも、その利用には、米国の場合、ガラス瓶1つ(0.7mlほど)あたり200〜3000ドル(数万円から数十万円)の費用がかかります。1回で妊娠できればよいのですが、通常は何回かトライすることになるので、最終的な費用は数十万円から数百万円になってしまいます。精子バンクにこのような高額な費用をかけてしまいますと、生まれてくる子どもの養育費を節約せざるを得なくなります。高額な営利的精子バンクの利用は必ずしも得策とは言えないでしょう。また、商業的な精子バンクでは通常、提供者の情報は完全に秘匿されます。血液型や学歴くらいは教えてもらえますが、性格や容貌は教えてもらえないでしょう。

■親戚や知人からの精子提供との違い■
日本では、義理の兄弟などの親戚や、知人から精子をもらうこともできます。この場合、提供者の住所や氏名、性格、容姿などはもちろん分かりますし、費用も常識的な御礼程度で済むでしょう。ただ、やはり知人や親戚には頼みにくいものです。不妊症のご夫婦ならば、事情を比較的説明しやすいかも知れませんが、レズビアンカップルや、シングルマザー希望の方ですと、なかなか頼みにくいのが実情だと思います。

■ゆめ音符ご利用のメリット・デメリット■
商業的な精子バンクの利用や、親戚・知人からの提供と比べて、ゆめ音符のような「精子提供ボランティア」利用の場合、どんなメリットやデメリットがあるでしょうか。まず提供者の匿名性ですが、提供にあたって提供者と受け取り側がメールや面会などで直接コミュニケーションすることができます。提供者の住所や氏名といった、ディープな個人情報まではお教えできませんが、血液型やおおまかな学歴などは当然のこととして、容貌や人柄までを確認することができます。次に費用面ですが、ゆめ音符ではボランティア精神にのっとり、交通費や器具代(シリンジ、容器ほか)等の実費しか頂きません。

■他の精子提供ボランティアとの違い■
ほかのボランティア精子提供者の中には、実費以外にかなりの謝礼金を徴収しているところもあるようです。また、精子提供活動といいながら、セックスが主目的となっている団体・個人もあります。要は玉石混淆状態ですので、提供者とメールや安全な場所での面会などでしっかりコミュニケーションをとり、提供者の性格や提供条件などをきちんと見極めることが非常に重要です。

日本には数十名のボランティア精子提供者がいます。各精子提供サイトをよくご覧になり、これはという提供者にメールを出して、返信の内容をよく比較してみてください。活動実績、安心感、容姿等を総合的に考えた場合、特に西日本のみなさんにとって、ゆめ音符は有力な候補になるでしょう。

■ぜひゆめ音符をご活用下さい■
このように日本にもいろいろな精子提供方法があるわけですが、ぜひゆめ音符をご利用いただき、元気なお子さんの教育やおけいこごとなどにたくさんお金をかけてあげてください。提供前にきちんとお話しさせて頂きますので、その際に提供者の人柄や容貌などを納得いくまで確かめることもできます。

近親婚のリスクについて■
世の中には様々な確率があります。あなたの周囲に東大卒の人はいますか?東大に入るような秀才は400人に1人(日本の1学年120万人中の3000人として)です。あなたの周囲にタレントはいますか?「日本タレント名鑑」(約25000名(組)を収録)に載るくらいの人は5000人に1人くらいですから、非常に狭き門と言えます。三毛猫は普通メスですが、ごく稀にオスの三毛猫が生まれることがあります。その確率は3万分の1です。あなたは飛行機に乗るときに緊張しますか?でも、飛行機に乗って事故に遭う確率は約29万フライトに1回なんです。・・・あなたは、ゆめ音符の活動で生まれた子同士の近親婚を心配していますか?その確率を概算すると35万分の1になります。なぜなら、ゆめ音符の約7年の活動で出来た子が約30人。この活動期間の前後を含めて10年間に日本で生まれた子は1050万人です。1050万÷30は35万です。つまり、「近親婚の確率は飛行機で事故に遭う確率よりも小さい」。その上、ゆめ音符では、精子提供で生まれた子の性別と出生都道府県、出生年月、母親をほぼすべて把握しており、心配な場合には以下のような調査を行うことができます(ただし、情報開示の対象は、ゆめ音符の精子で出産された女性のみとします)。これにより、近親婚のリスクは35万分の1よりもさらに、はるかに小さくなります。近親婚が心配な人はどうか冷静に考えてみてください。

パターンA
「女性:子どもに結婚を意識する彼氏ができたのですが」
「ゆめ:その彼氏はいつ何県生まれですか」
「女性:平成24年10月に愛媛県生まれです」
「ゆめ:その年月に愛媛県で生まれた男の子はいないので大丈夫です」
「女性:安心しました」
「ゆめ:どうかお幸せに」

パターンB
「女性:子どもに結婚を意識する彼女ができたのですが」
「ゆめ:その彼女はいつ何県生まれですか」
「女性:平成27年4月に石川県生まれです」
「ゆめ:上旬ですか、下旬ですか」
「女性:下旬です」
「ゆめ:その頃に石川県で生まれた女の子がいます。その彼女のお母さんの写真を見せて頂けませんか。できれば○十年前の写真をお願いします」
(※平成26年3月以降にご提供開始の方から、ご本名を証明書で確認していますので、「その彼女のお母さんの名前」でも判定可能になります)
「女性:はい、この女性です」
「ゆめ:この女性にはまったく見覚えがありませんので大丈夫です」
「女性:良かったです」
「ゆめ:どうかお幸せに」

このように近親婚の心配は無用です。1人でも多くの方の夢を叶えることができるように努力して参りますので、宜しくお願い申し上げます。

ボランティア精子バンク、精子提供「ゆめ音符」
メール  yumeakachan@gmail.com
携帯からの方は、PCメールを受信できるように設定しておいてください。



   精子提供までの流れ

1.まずは、次のことをご記入の上、メールをお寄せ下さい。
  
 ・お住まいの地域(大阪府、京都府、神戸、関西、近畿、九州、四国などなど、おおまかで結構です)
・お名前(仮名で結構です)
・ご相談になりたいことや、メールを下さった理由など
・ご夫婦の場合は、奥さまと旦那様の血液型
 メールアドレスは yumeakachan@gmail.com
です。携帯からの方は、PCメールを受信できるように設定しておいてください。
携帯からの方は、PCメールを受信できるように設定しておいてください。

2.メールや電話で、相談しましょう。
 メールや電話でお話をしましょう。遠慮なさらず何でも聞いて頂いて構いません。プライバシーに関することなど、お答えできないこともありますが、その際はご容赦ください。ゆめ音符側からも、ご事情やお住まいの地域、血液型のご希望(特にご依頼者さまがご夫婦の場合)などについて質問をさせて頂きますので可能な範囲でお答えください。メールや電話での相談の結果、「面談」へ進むことについて合意できましたら、面談の具体的な日時・場所を相談しましょう。

3.面談をしましょう。
 面談では、人柄やご事情・育児環境・健康状態などをお互いにしっかり確認しましょう(もちろん、お互いのプライバシーは厳守です)。ゆめ音符の容姿や立ち居振る舞いなどの確認もして頂けます。また、ご提供方法の詳細や、ご提供開始時期、受け渡しの場所、費用、排卵日の予測方法などについて、お話をしましょう。
 面談と言いましても、面接試験のような堅苦しい場ではありません。喫茶店でお茶でも飲みながらのんびりとお話ししましょう。緊張なさるのは仕方ないことですので、ゆめ音符が上手にお話しを進めてまいります。たいていの方が、笑顔でお帰りになります。所要時間は通常30分前後です。
 面倒なようですが、メール、面談、ご提供、その後のフォローとひとつひとつ丁寧に手順を踏む中で、安心感と信頼関係が生まれ、よい結果につながると考えています。
 なお、面談に際しては、申し訳ありませんが交通費を実費で頂きます。

4.精子提供までの詳細を詰めましょう。
  面談で、ご提供の開始について合意ができましたら、メールなどで、提供日、提供場所などを詰めていきましょう。
  提供日は、排卵日かその少し前がよろしいです。なぜならば、「卵子の受精能力を持っている時間は排卵後およそ24時間といわれているからです。精子の寿命は女性の生殖器内で4-5日といわれています。従いまして、排卵が起きる前の頃が、その願いを叶えてくれる大きなチャンスともいえます。」(インターネット医科大学 http://health.nifty.com/cs/catalog/idai_qa/catalog_2100_1.htm より引用)。

5.精子を提供します。
  ゆめ音符では、 主にシリンジ(針のない清潔な注射器)によるセルフ人工授精でご提供しています。この方法は注射器妊娠法とも言い、ご自宅で、おひとりでもできる簡単な方法です。また、病院での人工授精や、タイミング法(事前検査必須)にも対応しています。詳しくは「精子提供方法の例」をご覧下さい。最新のご提供状況などは 精子提供ゆめ音符blogをご覧下さい。
  謝礼金はまったく頂戴していませんが、交通費やシリンジ代などの実費は頂戴しています。シリンジは医療専門メーカー製のもので、東急ハンズなどで買うと100円します。容器代は不要です。交通費は、電車やバスなどの費用で、大阪から遠くなるに従って高くなります。
 2010年4月から、精子品質の維持向上のために、検査代として200円、サプリメント代として100円を頂くことにしました。検査代は積み立てていき、積立額を毎月ブログなどで公開して、必要額が貯まった段階で活用させて頂くという形にします。ゆめ音符は営利目的の事業ではありませんので、みなさんから頂いたお金は精子品質向上や検査のために使うという原則を堅持します。

 ・・・とあれこれ書きましたが、要するに、1回ご提供するごとに、シリンジ法の場合で交通費+シリンジ代100円+容器代ゼロ円+検査代200円+サプリ代100円を頂く形になります。交通費プラス400円と覚えて頂くとわかりやすいかと思います。

 性病等の最新の検査結果を特別にご希望の場合はご相談下さい。いずれにしましても、ゆめ音符は純粋なボランティアですので、実費以外の謝礼などを請求することはございませんのでご安心ください。

6.めでたくご出産なさったあとは、ゆめ音符は認知も致しませんし、親権も放棄します。お子さんが成人なさったあとも、私の個人情報は公開しません。

まずは、次のことをご記入の上、メールをお寄せ下さい。
・お住まいの地域(関西、九州などおおまかで結構です)
・お名前(仮名で結構です)
・ご相談になりたいことや、メールを下さった理由など

ボランティア精子提供、精子バンク「ゆめ音符」
yumeakachan@gmail.com
携帯からの方は、PCメールを受信できるように設定しておいてください。



   よくある質問とご回答

<よくあるご質問と回答>
質問1.精子提供活動を始めたきっかけは?
回答1.主に2つあります。ひとつは共働きの妻が仕事を優先し、子作りへの関心を無くしたこと。もうひとつは、少子化は日本存亡の危機であり、精子ドナーとしての活動を通じて日本の発展に直接的に貢献できるのではと考えたため。

精子バンクとしての活動を続けるうちに、赤ちゃんを望む女性のお力になることが生き甲斐のようになってきました。ご依頼者さまと一緒に万歳したこともあれば、一緒に泣いたこともあります。今後も奉仕の精神を忘れず、みなさんのために精子提供に力を尽くします。
仕切り

質問2.精子提供を希望する女性にはどんな人が多いのですか?
回答2.男性不妊等の既婚女性が1/4、シングルマザー希望の女性が1/2、レズビアンカップルやGDカップルが1/4です。この割合は妊娠成功者全体を100とした場合の数値です。近ごろはレズビアンカップルやGDカップルからのお問い合わせがかなり増えてきています。
線
質問3.どの地域の女性が多いですか?
回答3.平成28年4月現在、大半が西日本の方で、特に大阪府、兵庫県等の近畿地方が大多数を占めています。福岡県、宮崎県など九州地方や沖縄県、広島県、岡山県、高知県、香川県、愛知県、東京都、宮城県などの方もいらっしゃいます。日本全国からのご依頼を歓迎します。
ライン
質問4.精子を提供をする際の条件はありますか?
回答4.おおむね次の通りです。
・未成年者にはどのような理由であっても精子提供できません。
・生まれたお子さんは認知できませんし、養育費の負担も致しませんが時々近況報告をくださると嬉しいです。
・出産・育児の環境や経済力が備わっている女性にしか精子提供しません。
・妊娠成功を100%保証できるわけではありませんが、できる限りの協力はしますので、成功まで粘り強く一緒に取り組めますか。
・生まれてくるお子さんとあなた自身のためにも禁煙してください。
・タイミング法を希望する場合は必ず、初回前とその後3〜4周期ごとに8種類以上の性感染症の検査を受けてください。
・既婚女性へのタイミング法は、旦那様経由の性病感染のリスクが大きいため、お断りいたします。
・メールや面談から、性格やマナーに大きな問題があると判断した人には精子提供できません。
・ゆめ音符のプライバシーを過度に詮索しないでください。
・生まれ育った日本を愛する人にのみ提供します。反日的な考え方をする人にはどのような理由でも提供できません。日本国籍をお持ちでない方にも原則提供できません(日本を深く愛していることが分かる場合は提供しますが、できれば帰化して日本人になってください)。
・提供を開始する前に、同意書(必須)と本人確認書類(任意)を提出いただきます。精子提供活動を安全に続けていくためであり、また近親婚のリスクを下げるためでもありますのでご理解をお願いします。
LINE
質問5.妊娠を急いでいます。申し込んだら、すぐに開始できますか。
回答5.新規ご提供の受付状況はこちら(ほぼ満席のため受付制限中)ですが、精子提供の開始までにメールや面談でしっかりと相談するようにしており、その結果お断りすることもございます。安易な考えでの申し込みや冷やかしを排除するため、熱意のこもったメールをくださった方のみを新規の受け入れ対象とします(ただし初回のメールは簡単なものでも結構です)
精子バンクサイト
質問6.血液型、地域などの希望は聞いてもらえますか。
回答6.全国の精子ドナーの中から、血液型の合う提供者や、近くに住む提供者を紹介することができます。ただし、各精子ドナーは個別に活動しており、人柄などまでは分からないので、彼らへのお問い合わせは自己責任でお願いします。
未婚女性
質問7.提供の日程はどのように決まりますか。
回答7.最も妊娠しやすい時期は排卵3日前から当日ですので、精子提供日はこの期間内となります。まず排卵日をなるべく正しく予測して下さい。その上で「次の排卵日は5月10日頃なのですが・・・」とメールをくだされば、ゆめ音符側の仕事や先約状況等と照らし合わせて、精子提供の日程案をお知らせします。排卵日がずれるのは仕方のないことですので、その都度お早めにお知らせ下されば再度精子提供の日程を調整します。なお、キャンセルの場合は遅くとも半日前までにお知らせください(面談をキャンセルする場合も同様です)。
非婚シングル
質問8.他の精子提供者や精子バンクにも同時並行で問い合わせてみてもいいですか。
回答8.はい、構いません。日本にはたくさんの精子提供サイトや精子バンクがありますから、よく比較検討してみてください。ただし、最低限のマナーはお守りください(急に連絡が途絶えたりすると、心配になります)。なお同時並行で複数の精子提供者に問い合わせるのは結構ですが、同時並行で複数から精子提供を受けるのはご遠慮ください。
最高
質問9.容姿が原因で断られたりしませんか。
回答9.容姿を理由にお断りすることは基本的にありません。このことは出産成功実績の豊富さ(平成28年4月現在31例(この他妊娠中の方複数あり))と多様性(SMC:選択的シングルマザー、不妊のご夫婦、GD・レズビアンカップルのすべてに複数の成功実績あり。40歳代半ばまでの成功実績あり)からご推察ください。ただしマナー・性格・育児環境・依頼目的などから提供をお断りした事例は稀ですがあります(ごく一般的な方なら問題ありません)。また、タイミング法での精子提供をご依頼いただいた場合に、他の方法でのご提供を提案することはあり得ます(デリケートな方法ですので。この場合も、他の方法への変更を提案するのであって、精子提供自体をお断りするわけではありません)。なお平成27年11月からの受入審査ルールはこちらにある通り、それ以前より厳しくなっています。
家族
質問10.たくさんの子どもがいるそうですが近親婚のリスクはありませんか。
回答10.近親婚のリスクは「ほぼあり得ない」と考えられます。・・・ゆめ音符の精子提供活動歴は約7年で、その前後を含めた10年間に日本で生まれた子は約1050万人です。そのうち約30人がゆめ音符の血を引いているわけですが、1050万人中の30人ですから約35万人に1人に過ぎません。その上、ゆめ音符はほぼすべての子の性別、出生年月、出生都道府県と母親を把握していますので、心配な場合は調査をして、事前の対策を取ることができます。
現在、日本の妊産婦死亡率は約3万人に1人です。子どもが東京大学に入る確率は約300〜400人に1人。35歳以上で出産した子が先天性の障がいを有している確率は数十人に1人です。これらと比べて、数十万人に1人未満という近親婚のリスクがいかにあり得ないものかを冷静にお考えください。
日本一
質問11.独身女性が精子バンクを利用するメリットやデメリットは何ですか。
回答11.
ゆめ音符のような日本のボランティア精子提供サイトを利用するメリットとしては、次のことなどが挙げられます。
1)配偶者や理解ある彼氏を探す時間と手間を省略できる
2)海外の商業的精子バンクを利用するより圧倒的に安い(海外の商業的精子バンクは数百万円の費用がかかる上、渡航のために仕事を長期間休む必要も出てきます) 
3)メール、面談で精子提供者の人柄・容姿などを確認した上で依頼できる 
4)精子提供者との付き合い方に関する自由度が大きい(精子提供だけのドライな関係にするか少しは交流するか、簡便なシリンジ法にするか自然なタイミング法にするか人工・体外にするか、出産後に交流を継続するかしないか、などの選択の自由度が大きい)
 
一方でゆめ音符のような日本のボランティア精子提供サイトを利用するデメリットとして、次のようなことが考えられます。
1)精子提供者の深い個人情報までは知ることができない(ゆめ音符の場合、本名や住所、職業などは一切お知らせしていません)
2)認知や養育費を期待することはできない
3)提供者が大都市に集中しているので、地方からは交通費や宿泊費がかさむことがある 
4)見ず知らずの精子提供者と1対1で会わなければならないので初回は特に緊張するかもしれない 
5)排卵日3日前〜当日の提供となるため、排卵日の予測や日程調整に苦労する場合がある 
6)精子提供者を独占することができない(精子提供者のことを好きになってしまった場合に少し寂しい思いをするかも知れませんが、精神的に自立した女性なら心配ないでしょう) 
7)性病や遺伝病のリスクがある(提供者がきちんと性病検査を受け、近親者に遺伝病がないことを確認し宣明することが必要です。この点、ゆめ音符は大丈夫です)
人助け
<性暴力被害者のみなさんへ>
望まない性行為を強要された経験や、痴漢に遭った経験などが心の深い傷となり、男性との付き合いに消極的になったり、セックスへの嫌悪感を持っている・・・しかし赤ちゃんは産み育てたい!という女性から、ときどきお問い合わせを頂いています。そういった方々には、シリンジ(針のない注射器)を使ったセルフ人工授精や、独身者でも人工授精できる病院の紹介等のご協力をすることができます。男性や性交渉が苦手でも、可愛い赤ちゃんにめぐり会うことは可能なのです!ぜひ勇気を出して、精子提供・精子バンクゆめ音符へご連絡ください。

母の喜び

■このサイトや「精子提供ゆめ音符ひとこと日記」をご一読の上でメールをお寄せ下さい。真摯に対応します■
活動の拠点は、大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀、和歌山、(広く見れば三重、徳島、福井)などの関西地方(近畿地方)です。東京などの首都圏や、愛知などの中京圏、広島などの中国・四国地方をはじめ、遠方の方からの御連絡もお待ちしております。北海道や、東北地方、九州地方のみなさんにも喜んでご協力致します。

このサイトやブログをご一読の上で、次のことをご記入の上、メールをお寄せ下さい。
・お住まいの地域(大阪府、京都府、兵庫県、神戸、関西、近畿、九州、四国などなど、おおまかで結構です)
・お名前(仮名で結構です)
・ご相談になりたいことや、メールを下さった理由など(しっかり書いてください)
・ご夫婦の場合は、奥さまと旦那様の血液型

メールアドレスは
yumeakachan@gmail.com メール
です。携帯からの方は、PCメールを受信できるように設定しておいてください。


関西地方の無償ボランティア精子提供「ゆめ音符」

このサイトでは「素材のプチッチ」さんと「イラスト無料素材 子供や赤ちゃんのイラストわんパグ」さんのイラストを使わせて頂きました。ありがとうございます。
ありがとう
西日本のボランティア精子バンク 精子提供ゆめ音符


精子ドナーゆめ音符ひとこと日記バックナンバー
時候の挨拶
和菓子|大事にしたい日本文化


information

最終更新日:平成29年6月1日


このサイトやブログをご一読の上で、次のことをご記入の上、メールをお寄せ下さい。

・お住まいの地域(大阪、東京、九州などおおまかで結構です)
・お名前(仮名可)
・ご相談になりたいことや、メールを下さった理由など(詳しく書いてください)
・ご夫婦の場合は、奥さまと旦那様の血液型

メールアドレスはyumeakachan@gmail.com
です。
(docomoなど携帯・スマホからの方はGmailを受信可能にしてからメールください)

精子提供ゆめ音符