優秀な精子を提供します。

本文へジャンプ

SMI(精子自動性指数)400超!優秀な精子を提供します









■優秀な精子を提供します■

ゆめ音符の精子提供者は、有名大学卒業後、いわゆるステータス職に就いており、体力面、健康面、容姿のいずれにおいても優れています。30代後半で、非喫煙者です。BMI指数は21で、身長は175です。決してノーベル賞級の天才や秀才ではありません。しかし小中学校ではクラスで1番成績が良く、かけっこも1〜2番という、文武両道の男でしたし、今もそうです。また、決して美男子ではありませんが、そこそこな容姿で、女性から告白された経験が何回もあります。

ゆめ音符の精子提供者は日ごろから環境保護活動などのボランティア活動に取り組んでおり、もっと人や社会のために役立ちたいとの思いから、無償での精子提供を始めました。米国では、私のようなボランティア精子提供者のことを known sperm donors といい、その存在が社会的に広く認知され、また必要とされてもいます。日本でも今後、結婚(パートナーシップ?)や子育てのあり方が多様化する中で、ボランティア精子提供(ボランティア精子バンク)の存在や役割が徐々に認知されていくことでしょう。

数ヶ月に1度、検査を受けておりますが、2014年現在、肝炎やエイズ、クラミジアといった病気はまったくありません(検査結果を「活動記録とFAQ」に掲載しています)。また、親戚関係には遺伝的疾患を持っている者はおりません。

不定期で精液検査を受けていますが、2009年12月の結果では、精子濃度1億2800万/ml、精子運動率63%、精液量2.5ml、精子正常形態率88% でした。この数値は、禁欲期間2日、精液採取後およそ1時間での数値です。また、2014年1月の結果では、精子濃度約1億2000万/ml、精子運動率約70%、精液量2.5ml、精子正常形態率約80%、直進率約80%でした。この数値は禁欲期間1日、精液採取後数時間での数値です。 WHOの基準(2010年)では、精子濃度1500万/ml以上、精子運動率40%以上(射精後1時間以内)、精液量1.5ml以上、精子正常形態率4%以上等を「正常精液」とされており、ゆめ音符の精液はこの基準を楽々クリアしています。

(※ただし、一般的に精液検査の数値は体調・ストレスなどで変動しやすいとされています。ゆめ音符の数値も体調等によっては上記の結果を大きく下回ることがありますが、そうならないよう健康管理に努力しています)

慶応大学医学部吉村泰典教授らの調査によると、 1970年から1998年までの28年間に同大に登録された 18〜25歳の精子提供者6,048人の精子の数と運動率を調べたところ、 精液1ml中の精子の数は、90年代には平均6000万個弱とのことです。つまり、ゆめ音符の精子濃度は平均の2倍なのです。

さらに、平成24年に最新の検査方法を用いてSMI(精子自動性指数・・・精子の受精能力を客観的に示した指標)を調べたところ、その数値は400台でした。これは、基準値(80-160が男性の標準)の数倍という、極めて良好な成績です。

これらのことから、ゆめ音符が提供する精子はかなり優秀と言えるでしょう。

ボランティア精子バンク、精子提供「ゆめ音符」
yumeakachan@gmail.com
携帯からの方は、PCメールを受信できるように設定しておいてください。







FAQ