精子提供ゆめ音符ブログ
精子提供ゆめ音符メインサイト



 
妊娠の確率を上げる方法について、排卵予測法を中心に女性の健康net等で勉強しました。

<自宅でできるいろんな検査方法>
0.基礎的な方法 ・基礎体温表 パソコンや携帯から基礎体温を入力すると基礎体温グラフが簡単にできあがり、ボタンひとつで印刷してそのまま病院へ持って行けるという優秀な無料基礎体温表があります。
1.排卵がわかる方法 ・尿中LH検査 (チェックワンLHの場合で5本入り2500円くらいです)陽性になってから36時間くらいで排卵が起こります。
2.妊娠可能な期間の始まりがわかる方法 ・唾液検査 (超小型顕微鏡のような器具が必要。数千円で市販されています) ・膣分泌物の性状検査 (分泌液を指にとって伸ばすだけなので何の道具もいらないが、慣れが必要)
3.排卵と、妊娠可能な期間の始まりの両方がわかる方法 ・クリアブルーという検査薬による検査(検査器とテストスティック30本入りのセットで35000円くらい)

<余裕を持って妊娠に取り組める方>
・膣分泌物(オリモノ)の性状から判断する方法+できれば基礎体温法も

<少しでも早く妊娠したい方>
・生理が規則的なら・・・基礎体温+尿中LH検査 ※ただし尿中LHで陽性が出てから精子提供者に「陽性になりました!急ですが、あす提供できますか?」とあわてて連絡しても間に合わないかも知れません。もう先約が入っているかも知れないからです。なので基礎体温である程度予想をつけてあらかじめゆめ音符に仮予約を入れておかれることをお勧めします。また、1日おきの検査だとタイミングを逃す恐れもありますので、排卵予想日の2〜3日前から12時間毎くらいに検査したほうがよいでしょう。
・生理が不規則なら・・・唾液検査か膣分泌物から判断する方法+尿中LH検査 ・生理が規則的・不規則にかかわらず・・・排卵検査薬のクリアブルーを使うと排卵予想の精度がかなり高まるそうです。

<排卵検査の結果やおりものの見方>
いろいろな排卵検査薬の結果の見方について、写真付きでひじょう−−−−に詳しくわかりやすく解説しているページを見つけたので紹介します。「★妊娠したい★〜私はこれで妊娠しました〜」さんです。「妊娠したい人のために、基礎体温の測定〜排卵日の特定等の実データ、および、必須アイテム/お役立ちグッズを紹介」して下さっています。 おりものと排卵との関係は、「おりものの状態で排卵日がわかるのでしょうか…?」(不妊・子宝ひろば)に詳しく載っています。 また、「妊娠したいを応援!」には、妊娠しやすい生活、妊娠しやすい食べ物や飲み物、サプリメントのこと、妊娠の仕組み、排卵日や基礎体温のこと、妊娠とホルモンの関係、妊娠しやすいセックスについての情報が掲載されており、興味深いです。

<エコー検査で排卵日を正確に予測>
ご依頼者様から病院でのエコー検査(超音波検査)について教えて頂きました。 エコー検査の方法には、経膣検査と経腹検査があります。 エコーの費用は一般的には2000円から4000円程度のようですが、病院によっては8000円を請求されるなどかなり差があります。良心的な産婦人科なら電話などで問い合わせれば費用を教えてもらえます。 排卵検査薬やオリモノ法、基礎体温法などでも排卵日は予測できますが、あくまで自己診断となります。みなさんも可能ならば病院でエコー検査をして排卵日を正確に予測し、成功率のアップにつなげてくださいね。

<排卵予想日は変動します> 周期が不定のため、排卵日の予想が難しいという方がたくさんいらっしゃいます。ゆめ音符もこの活動を始めるまでは、女性の周期がこんなに不安定で、こんなに多様だとは知りませんでした。みなさんおひとりおひとりが違うリズムを刻んでいるのですね。 でもご安心ください。排卵日がずれることは、女性として当たり前のことですので、ご遠慮なさらずに精子提供者へ日程変更などをご相談になればよいのです。ボランティア精子提供者にとって、人の役に立つことこそが最大の喜びですので、どうぞご希望をどんどんおっしゃって下さい。 ただし仕事等の予定が入っていることもあります。その際はご容赦下さい。

精子提供ゆめ音符 精子バンク